消費者金融を選ぶメリット

お金を借りるために消費者金融を選ぶ時にどのような視点で見ればいいのでしょうか。
一つは金利です。
ホームページなどに掲載されている金利は実質年率です。
この実質年率とは手続きなどにかかる費用を含めて、借り入れをした時に1年間に支払わなければならない金額の割合です。
もちろん、消費者金融を選べば手数料が無料となる場合もありますから、金利だけで単純比較は難しいでしょう。
そこで、比較するのは止めて、実際に借り入れをしてみてはどうでしょうか。
今すぐにお金が必要ではないとしても、どのような手順で借り入れができるのかを知っておくことはいずれ役に立つことになるでしょう。
消費者金融を利用しない人の方が多いのですが、テレビの宣伝を見たりやインターネットで検索してみると、多くの人が関心を持っているように思えてきます。
しかし、実際には消費者金融を利用している人が多いとは考えられないでしょう。
就職をして少ないながらも安定した収入を確保している人は、その収入の中で生活をする努力をすることでしょう。
そうではなく消費者金融を利用する選択肢はあるのでしょうか。
消費者金融の利用で知っておかなければならないのは、総量規制です。
総量規制とは年収の3分の1を超える借り入れはできないという法律です。
この法律ができたことで、消費者金融の借り入れ状況がデータとして提供されることになります。
この法律に不満を持っている主婦が多いと言われていますが、年収の3割を超えた借金を抱えている状況を改善する方法を考えるべきでしょう。
さらに借金を増やすことは本人だけではなく、養っている家族に対してもいいことではありません。
総量規制が国民を規制しているかのような表現をしているサイトがたくさんありますが、これは国民に対する規制ではなく消費者金融に対する規制ととらえなければなりません。
インターネットには消費者金融に関する情報がたくさんありますが、その内容はすべて真実とは限りません。
虚偽が書かれているのではなく、書き手の主観が入っているのです。
3分の1以上の借り入れができなくて困っている主婦とはどのような人なのでしょうか。
ビジネスを展開している人は、その運営資金を消費者金融などに頼ることはありません。

消費者金融の利用を考える時に、まずはメリットをいくつか挙げてみましょう。
もちろん、お金を必要としているのですから、どこからどのような手段で持ってくるかが重要となります。
消費者金融の場合はコンビニや銀行のATMを利用することができますし、そのほとんどは手数料無料となっています。
手数料が無料なことは実は大きなメリットです。
多くの人が消費者金融の金利がどれくらいかはチェックしていますが、手数料についてはあまり考えていません。
銀行に残高があったとしても、それをコンビニで引き出すと手数料を取られてしまいます。
1,000円を引き出して108円の手数料を取られてしまうのです。
金利に換算すると実に10.8%と高率です。
消費者金融の金利に注目している人がこの高い手数料に無頓着でいることはおかしなことでしょう。
消費者金融の金利は上限20%となっていますが、下限は貸金業者によって異なります。
相場は3から4%前後となっています。
ただ、実際の金利は個人の資産状況によって大きく異なりますから、インターネットのホームページに掲載されている数字だけは判断できません。
利用する時のメリットは大きいのですが、具体的な数字は見えてこないと考えてください。
まずは利用登録をしてみることをおすすめします。
実際には利用する必要がなくても、自分の審査が終わって、どのくらいの金利で借りることができるのかを知ることが大切です。
金利が低ければ、それだけ評価が高いと判断していいですから、消費者金融からお金を借りる必要もないのでしょう。
消費者金融を利用する人はお金に困っていますから、サイトに掲載されている金利の査定額の方で利用されることはありません。
現実には10%以上が相場だと考えておいてください。
インターネットでは消費者金融の比較サイトがあります。
それらの内容は個人ごとの事情は考慮されていませんから、実際に利用してみなければわからないことばかりです。
おすすめと表現されているとしても、必ずしも正しいとは限りません。
また、審査に落ちるかもしれないと心配になっている人は、消費者金融を利用すべきではありません。
返済の目途が立っていないからです。
お金は借りた時よりも返済する時の方が確実に多くなります。

トップへ戻る