消費者金融の利用

消費者金融とは一般毛消費者を対象とした貸金業者の総称です。
1900年代にはサラリーマン金融と呼ばれていたものが、その名を変えただけです。
もちろん、その間に法律を始めとして、社会における消費者の認識も変わってきましたから、同じ内容で貸し付けをしているわけではありません。
ただ、通常の銀行から借りるローンなどよりも高い金利になっているケースが少なくありません。
気軽に利用できる点は非常にメリットですが、返済の目途もなく利用する人が後を絶たないのも事実です。
現在の貸金業者は以前のような違法に近い貸し付けは行っていないため、利用しやすいのかもしれません。
いずれにしても、利用する場合はしっかりと返済計画を立てなければなりません。
通常の会社に就職して、一定の収入を得ることができる人は、その収入の範囲内で生活をすることが大前提です。
そして、急な出費が発生した時だけ消費者金融を利用するようにしなければなりません。
給料日が来たら、まずは消費者金融からの借り入れを返済するのです。
そこで注目しなければならないのは金利です。
どこの貸金業者も同じ金利と言うわけではありませんし、個人の資産状況によって金利は決められます。
インターネットで消費者金融を検索してみましょう。
どの消費者金融がおすすめなのかを紹介しているサイトがたくさんあります。
ランキングも公表されているでしょう。
ただ、それらの情報にはあまり根拠がありません。
なぜなら、それぞれの貸金業者のホームページから読み取れる内容だけでランキングされているのであり、利用者の実態を反映していると言い難いでしょう。
消費者金融の金利は出資法の法律改正により20%を上限とすることが決められています。
つまり、20%を超えない範囲に設定されているのです。
実際には貸金業者によって異なりますが、17%や17.8%と言った表記が多いようです。
ただ、ここで注意しなければならないのは自分に適用される金利は申し込みをしてから審査が終わるまでわからないと言う点です。
安定した収入があり、他からの借り入れもない人な羅、最低に近い金利で借り入れをすることができるでしょう。
しかし、そうではない人は悪い条件が付きますから、その分だけ設定される金利も高くなります。

消費者金融の利用で注意しなければならないことはたくさんあります

 

 

一番の注意は金利でしょうか。
金利が高ければ、返済額も高くなります。
ただ、借りるお金がどれくらいなのか、返済期間はどれくらいかを把握しておけば、金利が高くても問題ない場合もあります。
要するに消費者金融を利用する時のお金の管理をしっかりとしておくことが大切だということでしょう。
しかし、消費者金融を利用する人の多くは、お金の管理ができていないことがほとんどです。
つまり、消費者金融について計画的な利用を促すことは無意味なのかもしれません。
これまでも多額の借金をして、それを返済できなくなってしまう人が少なくありませんでした。
法律が改正されて金利の上限が引き下げられましたが、根本的な問題は何も変わっていないのです。
つまり、借金は自己責任なのです。
そのことを理屈の上では理解しているとしても、行動が伴わなければ意味がありません。
自分の収入がどれくらいあり、毎月の生活費がどれくらいであれば、消費者金融を利用せずに済むのかを把握できないのでしょう。
もちろん、自分の収入だけでは不十分であれば奥さんがパートに出るケースもあるでしょう。
いずれにしても、家族の中で話し合っておくことが大切です。
消費者金融を利用することに後ろめたさを感じる必要はありませんが、状況をしっかりと把握していないなら、そのことを反省しなければなりません。
インターネットで消費者金融が紹介されていますが、設定されている金利は少しずつ違います。
わずかな違いかもしれませんが、借入期間が長期になると無視できない額になるでしょう。
そのシミュレーションは簡単にできますから、すでに借金がある人は確認のために計算しておくことをおすすめします。
毎月の給料が安定しているとしても、常に自転車操業状態から抜け出せない人も少なくありません。
お金に余裕を持つことが大切ですが、お金に縛られないようにしましょう。
貧しくても気持ちにゆとりを持つことが大切です。
消費者金融に対する注意とはお金に執着しないことでしょう。
不要なものを買わずに、今の生活に満足してみてはどうでしょうか。
気持ちを切り替えましょう。

トップへ戻る